私たちの思い(団体概要)

団体概要

設立趣意書

私、C.W.ニコルが初めて来日したのは昭和30年代後半でした。当時、日本は文明国でありながら豊かな生態系を維持している美しい尊敬すべき国として、この地で居を構えました。このうえなく繊細な自然を愛おしむ文化と健康で勤勉な人々を育んだのはこの素晴らしい日本の自然だと深く感銘を受け、この地で感性を磨き作家として成果を上げることができました。

しかし、高度経済成長という開発の波が押し寄せ、樹齢400年以上のナラ、ブナ、トチなどの大木が一瞬にして切り倒され、森の生産能力を奪い、人間の現在の都合だけに合わせた自然をつくりだしていく日本の在り方に疑問を抱くようになりました。

こうした状況を目のあたりにして、自然保護の必要性、自然環境の存続の危機感、そして、自然との共生の中で培われてきた風土、人間性の損失を愁い、自ら日本の自然を取り戻すことを決意し、放置され荒れ果てた藪のような二次林を少しづつ買いとっていきました。この荒廃している日本の自然を再生する実践活動を行うことが自分のできる日本への恩返しではないかと考えました。

約30,000坪の森は、17年間の維持管理活動により、その本来の能力を取り戻し、あらゆる生物が豊かに暮らせる森に甦っています。この森を里山再生のモデル林として、今後も里山における生物多様性の調査や里山からの恵みに関する生産性の調査、人と自然のバランスに関する調査研究を続け、その成果をこの森から生まれる果実として長野県のために役立てることを望み、アファンの森をより公益的なものとするために森や関係する資産を寄付し、財団法人を設立することを決意いたしました。

アファンの森を中心とした森林保全活動を通じ、森林の持つ本来の役割についての認識を深めるとともに、あらゆる生物が生息できる健全な森林の保護育成活動や人間と自然の共生のモデルケースである里山の研究、復元に取り組み、長野の自然の役割について広く国民に対して普及啓発し、地域の自然共生型社会づくりに寄与することを目的に、ここに一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団を設立いたします。

2002年5月8日
一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団設立者
氏名ニコルシーダブリュー

団体情報

名 称一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
英 名THE C.W NICOL AFAN WOODLAND TRUST
設 立2002年(平成14年)5月31日
代表者理事長 C.W.ニコル
所在地長野県上水内郡信濃町大井
職員数正職員 4名 (2016年2月1日現在)
資産総額87,725,351円(2005年3月31日現在)
支援者数個人:約600人 法人:約20社

所在地・連絡先

アファンセンター(森林整備)

〒389‐1316
長野県上水内郡信濃町大井2742‐2041
TEL:026‐254‐8081
FAX:026‐254‐8082

東京オフィス(事務局)

〒155‐0032
東京都世田谷区代沢2-20-5 T.D.CビルA号
TEL:03‐6453‐4192
FAX:03‐6453‐4193
E−MAIL:info@afan.or.jp
URL:http://www.afan.or.jp
事務局長 野口 理佐子(のぐち りさこ)

理事/監事/評議員

理事長
C・W ニコル
作家
専務理事
森田 いづみ
株式会社 C・Wニコル オフィス 代表取締役社長
常務理事
松木 信義
林業家
理事/監事/評議員
稲本 正
オークヴィレッジ株式会社 会長
大槻 幸一郎
アジア航測株式会社 特別顧問
加藤 茂夫
株式会社リコー サステナビリティー推進本部 本部長
狩野 土
株式会社黒姫和漢薬研究所 代表取締役社長
野口 理佐子
人と自然の研究所 代表
畠田 洋平
公認会計士
吉田 寛
公会計研究所 公認会計士
大熊 孝
NPO法人新潟水辺の会 顧問
加藤 正人
信州大学農学部教授
金子 与止男
岩手県立大学 教授
高力 一浩
ロッヂしらかばオーナー/信濃町森林メディカルトレーナー
高槻 成紀
元麻布大学 教授
竹内 典之
京都大学 名誉教授
古谷 誠章
早稲田大学創造理工学部建築学科教授/建築家