財団の歩み

財団の歩み

皆様からいただいたご支援は、森の再生活動をはじめとする活動資金として大切に使わせていただいております。詳細につきましては、毎年発行しておりますアニュアルレポート(年次報告書)を別途ご参照ください。

2002年 当財団法人設立
英国ウェールズの「アファンアルゴード森林公園」と姉妹森締結
2003年 アファンの森の敷地の分断化が解消し、面積が約9.7haとなる。
2004年 アファンの森 “5センス”プロジェクト スタート
2005年 C・Wニコルが英国エリザベス女王陛下より「名誉大英勲章」を叙勲
2008年 英国チャールズ皇太子がアファンの森をご視察
フクロウが天然木の樹洞から初めて巣立つ(2002年以降13羽の雛が巣立つ)
2009年 アファンの森の面積が約29.8ha(設立当初の約3倍)となる
2010年 麻布大学と学術交流協定を締結
C・Wニコルが国際森林年国内委員会委員に任命
日本ユネスコ協会連盟「プロジェクト未来遺産」に登録
2011年 C・Wニコルが天皇皇后両陛下に「アファンの森の森林再生事業」を御進講
「東日本大震災・震災復興プロジェクト」をスタート
【概要】被災地の親子をアファンの森に招く事業。東松島市の森の学校・復興の森つくりを支援。
国際森林年第3回国内委員会がアファンの森で開催される
C・Wニコルが長野県森林大使に任命
2012年 隣接する国有林を「森林・林業再生モデル林」として、林野庁北信森林管理署と「社会貢献の森」の協定を締結
高円宮妃殿下が4回目のご来訪
7月6日宮城県東松島市と復興支援に関する協定を締結