【満員御礼】一般公開シンポジウム・アファンの森会員の集い 開催のお知らせ

お知らせ
こちらのシンポジウムは定員になりました!
子どもたちに自然が足りない         
自然欠乏症候群から子どもたちを守るアファンの森財団の取り組み

20190222_afan-symposium0324.jpg

 長野県黒姫で30年以上の歳月をかけて森の再生をおこなっているアファンの森財団では、2004年より、虐待などで心に傷を負った子どもたちや、東日本大震災の被災地・東松島市や福島の子どもたちをアファンの森へ招待し、森遊びを通じて心のケアをおこなってきました。
 人の手で甦らせた森は、子どもたちに大きなチカラを与えてくれています。東松島市では、それがきっかけとなり、津波により壊滅的な被害のあった小学校を森の学校に再建し、その成果も見えてきました。
 この度は、東大名誉教授の養老孟司先生をお招きして、「子どもと自然」をテーマに日本の将来のために今すべきことを語り合いたいと思います。
【日時】
 2019年3月24日(日) 14:00~17:00(開場13:30~)
【場所】
 早稲田大学 西早稲田キャンパス63 号館2階 03,04,05
 (東京都新宿区大久保3-4-1)
 東京メトロ副都心線 西早稲田駅 直結
【定員】
 先着200 名様 ・ 無料
【内容】
 基調講演1 「森を甦らせるということ」 C.W. ニコル
 基調講演2 「身体を忘れた日本人」 養老孟司氏(東京大学名誉教授)
 パネルディスカッション 
  テーマ1 「福島の子どもたちとアファンの森」
  テーマ2 「 被災地に森の学校をつくる」
 パネリスト 養老孟司/ C.W. ニコル/ 古谷誠章(建築家・早稲田大学教授)/ アファンの森財団スタッフ
案内チラシはこちら:
【申し込み・お問合せ】
 一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団 東京オフィス
 TEL  : 03-6453-4193
 E-Mail : info★afan.or.jp (★を@に変えてお送りください)
※メールでのお申込みの場合は、件名に「3 月24 日申込み」と明記の上、お名前、所属、参加人数、電話番号、e-mailアドレスをメール本文に記載しご連絡ください。
 
申し込み締切 定員に達しました
主催:一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
共催:早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科
   早稲田大学建築学研究所
【会員の皆様へ】
アファンの森財団会員の皆様におかれましてはシンポジウム終了後、ニコルやスタッフと会員の皆様との交流会を実施いたします。あわせてご参加いただけましたら幸いです。
カテゴリー
月別アーカイブ
サイト内検索
タグ